Event is FINISHED

Innovation Guide vol.1 - イノベーションを生み出す共創のデザイン

Description

日本企業にイノベーションが求められています。

新たな価値を創造していくためには、従来とは異なる視点やプロセスが必要です。

多くの企業が、社内外の多様なメンバーを集めて、共創というアプローチを実践しています。従来の概念を超えるための問いの設定、想像もできなかったアイディアの創造、新たな体制でのサービス開発など一言で共創といっても目的や求める成果はさまざま。その中で、適した共創戦略や戦術を選択しなければなりません。

本イベントでは、新たな価値や事業を生み出そうとしている皆さんにむけ、共創の考え方、必要な環境やフレームワーク、いくつかのパターンなどをケーススタディを通して解説。ゲストには、京都大学で異分野融合に取組む宮野氏や、ソニーでMESHプロジェクトを牽引した萩原氏などをお迎えし、実践的な内容をご紹介いただきます。


■ 対象

  • 新たな価値創出を目指すプロジェクトリーダーの方
  • 企業の経営企画、R&D、新規事業担当者
  • 大学や行政の新規事業担当者

■ 参加費

 無料

■ 定員

 50名

■ 主催

 株式会社ロフトワーク

■ ご注意

  • 申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください
  • 広告代理店や制作会社など受託業務に携わる方のお申し込みはご遠慮ください
  • 参加者の皆さんのお写真や発表内容は、後日弊社サイトに掲載いたします
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります

---------------------------------------------------------------------

■ プログラム

15:00-15:10 Opening Announce

株式会社ロフトワーク プロデューサー 篠田 栞

  • イベント趣旨
  • 本日のプログラム

15:10-15:40 Keynote:なぜ、今、共創なのか?

京都大学学際融合教育研究推進センター 准教授 宮野 公樹

  • なぜ、今、共創なのか?
  • 共創が生みだすもの
  • 共創のための環境と仕組み - 京都大学の実践
  • Case Study - ダイキン、パナソニック

15:40-16:20 Session:イノベーションを生みだす共創のパターン

株式会社ロフトワーク プロデューサー 松岡 大輔、株式会社ロフトワーク ディレクター 川上 直記

  • 共創体験による組織の意識改革
  • プロジェクトの目的とビジョンの設定
  • 場を活用した、リサーチと検証
  • 多種多様な発想が生まれるアイデアソン、ハッカソン
  • 公募やアワードによる新たな視点の発見、プロトタイピング
  • 中長期的なコミュニティ醸成とその成果

16:20-16:30 Break

16:30-17:10 Talk Session:Case Study Sonyから学ぶ共創プロジェクト

ソニー株式会社 新規事業創出部 MESH project リーダー 萩原 丈博、株式会社ロフトワーク PR 石川 真弓

  • ソニー MESHプロジェクトの新規事業開発プロセス
  • 共創に必要な、場・デジタルプラットフォーム・コミュニティ醸成
  • クリエイター・エンジニアとの共創、企業間の共創

17:10-17:30 Closing Talk

株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋

17:30-18:00 Networking

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-07-11 02:21:43
More updates
Wed Aug 2, 2017
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
MTRL KYOTO/ロフトワーク京都
Tickets
無料 FULL
Venue Address
京都市下京区富小路通五条下​ル本塩竈町​554 Japan
Organizer
ロフトワーク京都
257 Followers